FC2ブログ
プロフィール

パジャマ侍

Author:パジャマ侍
新都社でほそぼそと漫画描いてる人です
個人サイトはこちら
Twitterはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

旧パジャブロ
漫画の制作日記やお絵かき
ライブドアブログに移動しました!
いきなりですがライブドアブログに移動することになりました!

パジャブロヘッダー0002


新URLは

http://pajamazamurai4680.blog.jp/

です。

今までありがとうFC2!
もうここでは新しい記事は増えませんので、そのあたりよろしくお願いいたします。


続きを読む
スポンサーサイト



サクッとゲームレビュー
外出自粛でゲーム生活がますます捗っています。

今年はわりと積みゲーも少なく、1つのゲームを順番にじっくりプレイしている感じです。
1月からの順番はこんな感じです。

龍が如く7

レッドデッドリデンプション2(RDR2)

SEKIRO(隻狼)…プレイ中

もう4月なのにまだ3つしかやってないことにビックリ。いや、もう3つなのか?

簡単にレビューしようかな!ネタバレはない、多分…。




続きを読む
龍が如く7レビュー(途中)
龍が如く7買いました!!!

で、ちょくちょくプレイしてます。まだまだ序盤です、多分全体の1/4くらい?ですがww今んとこの感想を書き留めておきます(ネタバレなし)。
クリアしたら感想変わるかも!

やっぱ面白いです、龍が如くは!まだ序盤だけどストーリー展開がワクワクします。

新主人公(春日一番)については賛否両論あると思いますが、私は結構好きですねー。
何せ声優の中谷一博さんの演技が全てにおいて上手で、聞き惚れる。。。
真島の声の宇垣秀成さんでも同じように感じましたが、声優って本当にキャラクターに息を吹き込むんだなぁと!また龍が如くはグラフィックがきれいだから、もう現実の人間やんって感じで素晴らしい。
ちょっとしたセリフ、うなずきとかだけでも演技力が磨かれているなぁと感じました。すげー。
もうね、中谷さんの声の演技を聞くだけで買って良かったと思いました。

あと、龍が如くシリーズは毎回芸能人が出演しますが、今回は3人とも演技が上手で結構良かったです。
実はアニメとかでも話題性だけのために芸能人を声優として使うというのは個人的にあまり好きじゃないんです。
みんな思うことは同じでしょうけど、当然プロの声優がやった方が演技力あって良いじゃないですか。
だから龍が如くで芸能人が出演して、声の演出が残念だと、もうテンション下がります。。それが作品自体の評価に影響すると言っても過言ではないくらい。
もうね、芸能人呼んでくるわけだからそこそこ登場頻度の多い重要なキャラクターなわけで。それが声の演出が棒読みで下手くそだったらもうやりたくなくなるわけですよ。龍が如く6の某女優みたいにな
今作は3人芸能人の方が出演されているようですが(多分)、皆さん声の演出も上手で良かったです。
そこが龍が如くシリーズをプレイするときいつもヒヤヒヤする瞬間だったりしますww

そしてグラフィック!!もう素晴らしいですね!街歩いているだけで楽しいです。龍が如くの街のグラフィックは毎回見るの楽しみです。壁に貼っている求人ポスターまで緻密に作られてるからつい細かく見ちゃう。
グラフィックだと去年発売のDEATH STRANDINGも素晴らしかったですが、それとはまた違った都会のグラフィックも、見てて楽しいですなー。ま、ちょっと3D酔いするけどww

大幅に変更された戦闘システムについて。
すまん、これに関しては歴代龍が如くシリーズをやってきた者からすると、残念。。。
こんなん言うたら老害みたいに思われそうですが、古き良き龍が如くはやっぱりあのアクションだろ!!!と。なぜコマンド制にしたんだ。。。
まだ序盤で弱いのもあるため、コマンド制の戦闘はこれから楽しくなる可能性はありますが、今んとこはやっぱ、前のアクションが良かったぜ!と強く思います。
新規の人は楽しめると思いますし、私も別にターン制のRPGが嫌いというわけではありません。ドラクエも好きだし。
いや、でも!ここから語ってしまいますが、やっぱ龍が如くは、映画のような演出の中で、主人公にどっぷり感情移入して、敵キャラに対して主人公と一緒に怒って「こいつぜってー倒す!!」と感じた上でアクションでボコボコにする、多少粗くてもボタン連打してボコボコに倒す、というのが私が思う龍が如くの醍醐味だったわけですよ!
映画の中に自分が入ったような気分になる、そういうのが良かったんですよ!
だから今回のコマンド制は、その爽快感が大幅に失われたと感じています。。まぁ、レベルが上がれば、できること増えて、多少の爽快感ある戦闘にはできると思うんですけどね。
他の分野に関しては私はわりと新しい物の方が好きで、何歳になっても新しいものを受け入れられるような人間になりたいと思っているんですが。「昔は良かった」とか「最近の若者は」とか言い出した瞬間こそ精神が老化していると思っているので、そうはならないようにしたいと心がけているんですが、すまん!
悲しいことに龍が如くの戦闘に関しては、私は老害かもしれん!昔の方が良かった!!
ま、今後新しい戦闘システムに慣れて、なんだかんだ楽しめるようになると思うんですがね。
せっかくストーリーもキャラクターも良いから、「これアクションでやりたかったなぁー」と思ってしまいます。

全体のストーリーに関しては、全然進めてない上にネタバレもあんまりわからないので、何とも言えませんが、今んとこフツーにオモロい。春日一番の成り上がりストーリーを、この先も楽しみにしています。
ただ、私はYouTubeでゲーム実況とか見るの大好きで、龍が如くも過去作品とかを見てたんですが、そのおかげでYouTubeのトップページあたりに「あなたへのおすすめ」とかに龍が如く7の動画もピックアップされてくるんですよね。それはまぁ別に良いんですが、あれってチャンネル登録していないやつも上がってくるじゃないですか。
それで、サムネに思いっきり「龍が如く7 ラスボス○○○○戦実況」みたいに名前を大々的に出してるやつあるんですよ。頼むからやめてくれ。てかラスボス誰なのか見てもーたし。頼むからサムネに黒幕を書くのはやめてくれ!!!!

とりあえず現時点でのレビュー(?)はこんなところです。クリア後は良い意味で感想が変わってると良いですね(特に戦闘システム)!
年賀イラスト描いた&またゲームの話
2020年賀

新都社とは違うところで使うイラストだったのだけど、わりと頑張ったのでこちらにも掲載。

自分は麻雀が大好きなのです。
最近はあまり打ちに行けてないけど、復活したら多分また雀荘通う。

あと全然関係ないけど龍が如く7予約したー。
シリーズ通してずっと追いかけてるゲームの1つです。OTE以外は確か全部プレイしてる。
個人的に好きな順番は 0→維新→4→1→2→3→見参→6→5かなぁ。
7は新章だから本当に未知ですが、龍が如くシリーズはなんだかんだ言って面白いので期待です!

あとシリーズでやってるのは、メタルギアソリッドとポケモンとペルソナ(3から)かな。だから意外に種類は少ないかも。逆転裁判は途中でストップしてもた。あ、戦国無双もそこそこやってるかも。
MGS1をPS4でリメイクしてくれたら絶対買うから頼みます。初代PSでしか出来ないなんてひどいぜ…!

ドラクエも好きだけど意外にあんまりやってない気がする。1と2は途中で止めてしまって、3はガチでやり込み、5と8と11は一周さらっとやった感じです。
FFは10しかやってない。FFとテイルズはあんまり自分に合ってないと感じた。。。

今年やってみたいのは、コールオブデューティシリーズです。よりリアリティのあるアクションを体感してみたい。けど、FPSだから3D酔いするだろうと敬遠していました。慣れてくるものなんだろうか?
やってみたいなぁ、でも3D酔いするかなぁ…(葛藤)。



2018年〜2019年にやったゲーム
自分はゲームが大好きだ!
一般の人とは逆に大人になるにつれてますますゲームが好きになっています。
何歳になってもゲームやるぞ!自分は!

自分でも何のゲームをやったのかわからないのと、特に面白かったものの軽い感想などを書けたらなと思います。あくまで個人的な意見になりますが。


続きを読む
2020年あけましておめでとう
2020年賀状

2020年あけましておめでとうございます!

…いつぶりのブログなのかwww
漫画の更新が止まっていて申し訳ございません。
漫画の再開はまだもうちょっとかかるかもです。。。

あまり自分のプライベートなことは趣味関係以外書かない主義なのですが、漫画の更新が滞っている言い訳も含めて書きます。

実は以前から病気療養中でして、漫画を考える余裕がなかったという感じです。
といっても死ぬ病気とかじゃありませんので、その辺はご心配なく。

ただ自分は定期的に発症する持病みたいなものがありまして、寛解と再発を繰り返しています。
寛解している時はめちゃくちゃ何してても元気で、全然いけるんですが、再発したらだいぶキツいっす。。。
症状的にはたいしたことないんですけど、この病気の一番しんどいところは、「長さ」にあります。
一度発症したら治るまでとにかく長い。死ぬほど長い。キレそうになるくらい長い。
マジで年単位レベルになってくるので、それが寛解するまで漫画はまぁ無理せんとこって感じですね。

といっても絵が描けないこともないので、新都社とは関係ないところで絵描いたりしてます。
別にこれは病気関係ないですが、漫画はモチベーションある時に描くのが作品的にも良いわけで、無いのに無理矢理描いても良い作品なんてできないよねーって思います。

なのでまぁ仕事でもないので、描きたくなるときは自然になるわーと思ってのんびり過ごしています。

漫画描いてない代わりに(?)もう一つの趣味である、ゲームはめちゃくちゃやった。何やったか忘れるレベルでめっちゃやったと思うので、それはまた改めて記事にしてみようかなと思います。

まとまりないですが、生存報告ということでwww
今年もよろしくお願いします!

てかこの放置ブログ未だに見てる人おるんかな…おらん気がするから何書いても良いような気がしてきた。
うんこうんこうんこ



第9話更新しました
第9話更新

速記めきメモリアル第9話更新しました!
早速見てくれる方は下記のURLへお願いします♪

速記めきメモリアルTOPページ

いやー今回も更新が遅れてしまった!(いつものこと)
でも無事更新できて良かったです。

今回のテーマは「省略法」。
速記の基本文字の書き方をマスターした次のステップの話になります。
基本編は一応前回で終わりましたのでね。一応。

しかし描くのに1つ大きな障害が…!

自分、省略法知らねぇwwwwwwwwww

実は私は速記は基本文字しか勉強しておりません。=基本文字しか書けないwww
省略文字に関する知識はさっぱり。
でも速記の解説をする上で省略法の存在を説明するのは必須!!!

というわけで、こんな時にGoogle先生ですよ。
ええもう必死にググりました。
でも速記の、しかも早稲田式で、省略法って範囲がマニアックすぎてGoogle先生あんまり役に立たんwwww

そんな中でも頑張って描きましたよ。いろいろ大変でした。
初めて省略法をマトモに勉強して、速記ってすんごい奥深いんだなぁと今更ながらに感じました。
そして省略法って、多岐にわたりすぎてもはやマニュアル化できないものなんだということも分かりました。
(大体予測はついていたが)

なので初めからこの漫画は基本文字までしか描かない予定でしたが、省略法もわかりやすいもの数個だけ紹介する程度だと思います。全部とか到底ム・リ!!

これからは、おまけの速記講座で間違いも生じることでしょう。。(既に今までも間違った記述はあったかもしれませんが)その辺はほんまスミマセン。ほんと省略法は無知だし、教えてくれる師匠とかもいないのでツラいところです。

今後はド素人のくせに偉そうに解説漫画描くことになると思いますが、その辺は許してね。あと、間違ったこと教えてても大目に見てね。

てな感じで壁にぶち当たりながら描いてる漫画ですが、次回の更新も待っててね。

ワイは早くラブコメ展開描きたいんや!(本音)